VISION

Vets Indexが叶えたい世界観

私たちは、獣医学生、動物看護学生のキャリア選択で、自分軸を持った意思決定をするために必要な情報を提供し、自立した人材を増やすことで業界の幸福度を上げる取り組みを致します。

VALUE

バリュー

徹底した求職者目線
私たちは、徹底した「求職者目線」の追求にこだわり、「やりがい・厳しさ」や「向き・不向き」に加え、実習生や現社員の口コミ情報など信頼性の高い一次情報の提供に努めます。
本質的な知識の提供
私たちは、就活時に役立つ本質的な知識を、誰でも分かるように平易に伝えることで、ユーザーの意思決定の質を高める事に努めます。

運営者の思い

これ以降の文章は、サービスには特に関係ありません。
お時間よろしければお読み下さい。

皆さんこんにちは。運営のうわいです。現在、僕自身も獣医学生をしております。

突然ですが皆さん、就職、楽しみですか?

①「楽しみ!早く働いてスキルをバリバリつけて、一人前になりたい!」

②「できればもっと学生していたいし、家でアマプラ見ていたい。」

人によって答えは違うと思います。①の人は将来の目標が明確に定まり、それに向かってバリバリ頑張っていく事が楽しみなのでしょう。

僕はというと、どちらかと言うと②のタイプです。

大学生で初めた飲食のアルバイトは、社員さんと仲良く慣れず徐々にシフトが減って半ば自然消滅のように辞めました。

やる気満々で入社した塾のアルバイトは、持ち前の抜け漏れ/ミスが大量に発生し、後輩からも呆れられてしまい、いたたまれなくなって辞めました。

こんな感じで、根性もセンスもコミュ力もなく、明らかに社会不適合な僕が、根性とセンスとコミュ力が必要な獣医業界でうまくいくわけがない。と感じてしまい、本当に自信を無くしました。

その後、様々な経緯があり、現在当就活メディアの運営を行っています。

運営していく中で発見したことは、「僕のような学生が意外と多い。」ということです。自分に対して自信が持てず、将来に対する明確なビジョンが持てない学生です。

学生は不安でいっぱい

次のグラフは、Vets Indexの320人いる公式LINEで行った学生アンケートの結果です。

実は多くの学生が、金銭的な満足感や福利厚生の前に、人間関係や院内の雰囲気に対して大きな不安を感じているということです。

「誰と働くのか」そもそも「安心して働けるのか」というのは、「獣医師としてどうありたいか」よりも前提となる話であり、言葉を選ばずにいうと低次元の悩みのはずです。

それほど就活に対して不安でいっぱいの学生が多いということです。

何故それらの不安が払拭されないのかと問うと、往々にして「働かないと分からないからという返答が返ってきます。

もちろんそのとおりです。百聞は一見にしかずといいますし、体験してみて初めて分かることは多いにあります。

しかし、私達のような就活サービスが解決する課題とは、まさにここではないかとも思っています。

私は、Vets Indexを通し一人でも多くの獣医/動物看護学生が、明確な自分軸を持って就活する事ができるよう、情報と機会を最適化していきたいと思っています。

情報と機会の最適化とは

忖度なしの一次情報を公開することで、「働かないと分からない」から「働かなくてもVets Indexなら分かる」になるよう努めます。

具体的には、実際に働いている人のインタビューや、実習生の口コミを記事媒体や動画媒体を用いて公開しております。また、求人者と直接話せるオンラインセミナーも定期的に開催しております。

このように、Vets Indexでは、信用できる情報と、豊富な機会WEBを通じて提供していきます。

これら活動により、一人でも多くの獣医/動物看護学生が就活を前向きに捉えるきっかけになれば嬉しいです。

引き続き頑張って参りますので、どうぞよろしくお願いします。

長文を最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

最後に、Vets Indexでは現在インターン生を募集しております。ビジョンに共感して頂いた方、是非わたしと一度お茶しましょう。

インターンの詳細はこちらから

公式LINEはこちらから!

Instagramでも発信しています